体の中をよ〜く見てみよう

体の中をよ〜く見てみよう

こうやってみてみると、私たちの体は本当によくできているなと思います。
そもそも「食べる」という行為は、生命を維持する、いわゆる「生きていくため」の行為ですが、最近の私たち、特に日本人の多くは、生きていくために食べる、というよりも、娯楽や楽しみ、時にはストレスを発散するために食べる傾向にあります。そんな食生活や日常の生活のバランスが崩れたとき、例えばこのこむら返りのように体に素直に現れるものですので、私たちは出来るだけその小さなサインのうちにしっかり自分の体を見つめ直して、健康で元気な毎日を1日でも長く送れるようにしていきたいものですね。

 

因みに地方の中堅規模の町に暮らす筆者は、明らかに運動不足と思われます。実は都市圏の人は敢えて運動をしなくても、1時間電車に揺られ大きな駅の中を移動して通勤するだけでも十分な運動量があるのですが、一方の地方で中堅規模の市に暮らしているような人は、一人1台車を所有し、小さな駅ですらほとんど利用せず、ドアツードアで車生活。ひどい時は筆者1日の歩数が600歩程ですので、ふくらはぎのポンプ機能は衰え、こむら返りの発生率もアップすることと思われます。さ、運動して血流アップといきますか(笑)